生乾きの臭いの原因とは?

除菌効果のある洗剤を使用する

「生乾き臭を予防する」という宣伝文句のついた洗剤や、「部屋干し用洗剤」と銘打って売られている洗剤を使用することで、菌の繁殖を防ぐことができます。
このような洗剤には除菌効果のある「酸素系漂白剤」が入っていることが多く、これで漂白しながら生乾きの臭いを予防できるのです。

生乾き防止専用の洗剤を買わなくても、酸素用漂白剤があれば同じ効果を得ることができます。
色落ちしないことを確認した後、浸け置きをしてから洗濯しましょう。

また、洗浄力の高い洗剤に替えるだけでも効果があります。
菌は、洗濯物に残った汚れから繁殖するため、残る汚れが少なければその分繁殖しづらくなります。
生乾き用洗剤の成分が合わない場合は、洗浄力の高い洗剤も試してみましょう。

洗濯してからすぐに干す

菌やカビの増殖を防ぐためには、洗濯物を速やかに干すことが大切です。
干すのが億劫になったり、忙しかったり、ときには忘れたりして、洗濯機の終了音が鳴ってから随分時間が経ってしまった…という経験がある方は要注意です。
いくつもの濡れた衣類が閉塞的な場所でひしめきあっている環境は、菌が繁殖するのに最適です。
加えて、洗濯槽のカビも付着しやすくなりますので、洗濯が終わったらすぐに干すようにしましょう。

洗濯物を干す際も、スペースがないからとギチギチに詰めて干すのではなく、水分が蒸発しやすいように間隔をあけて干しましょう。
分厚い衣類やタオルを干すときは、立体的になるように干したり、扇風機などで風を当てることが大切です。


▲ TOPへ戻る