生乾きの臭いの原因とは?

生乾きの臭いを防ぐには、菌を増殖させないことが大切です。 てっとり早い方法として除菌効果のある洗剤を投入することが挙げられます。 また、洗濯物を干すときにも注意した方がいいことがいくつかあります。 菌を繁殖させないための洗濯時のコツについて見ていきましょう。

生乾きになってしまったら熱で殺菌

生乾きの予防に努めても、気温が低かったり、分厚い物を部屋干ししたりして、生乾きになってしまうことがあると思います。 一度生乾きになってしまうともう一度洗濯しただけでは元に戻らず、乾いた後も濡れると臭い出すことがあります。 生乾きになった洗濯物は、熱で殺菌することができます。

菌の増殖を防ぐ方法

折角洗濯したのに、生乾きになって臭くなってしまった…という経験をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。
昔は洗濯物は晴れた日に外に干すのが一般的でしたが、近年ではライフスタイルの変化や外気の汚れによって、部屋干しせざるを得ない状況になることも多々あります。
日光でカラッと乾かせば生乾きにならないと分かっていても、夜しか洗濯する時間がないときや急な雨に対応できないとき、虫や土埃の付着防止、防犯対策で部屋干しを選択する人が増えているようです。

部屋干しをすると日光も風も遮られた状態になるため、洗濯物が乾くのに時間がかかり、どうしても生乾きになりやすくなります。
では、なぜ生乾きだと臭うのでしょうか。

臭いの原因は、菌とカビの増殖です。
外干しなら乾くまでに時間がかからず、日光の除菌効果も相まって菌やカビが増殖することはありません。
しかし、生乾きになると洗濯物が湿っている時間が続き、その間に湿気を好む菌やカビが増殖して臭うようになるのです。
また、一度菌が増殖してしまうと菌が持つバリア効果も増えてしまい、簡単にはとれなくなります。
これによって乾いた後も臭いが残り、洗い直しても簡単に臭いが落ちなくなるのです。

家事の手間を減らし、大切な衣類を雑菌から守るためには、生乾きの対策が欠かせません。
このサイトでは、嫌な生乾きの臭いを防ぐ方法をご紹介します。
また、一度生乾きになってしまった洗濯物の臭いを取る方法についてもご紹介しますので、生乾きに悩まされたときに試してみましょう。

衣類の除菌・殺菌以外の方法

衣類の除菌・殺菌を心掛けているのに、なぜか毎回臭う…という場合は、思わぬところに原因が潜んでいるかもしれません。 代表的なものが洗濯槽のカビや汚れで、これを取り除くことで臭わなくなることがあります。 また、消臭効果のある商品を使うことで、臭いを抑えることができます。

▲ TOPへ戻る